ビタミンDについて

栄養科の佐藤です。

1つ前の記事「包丁まな板殺菌庫の入れ替え」でビタミンDという言葉が出てきましたので、本日はビタミンDについて!

ビタミンDは小腸や腎臓でのカルシウムの吸収を促し、強い骨を作るのを助けてくれるビタミンです。食事からの摂取や、日光浴によって体内でもつくられます。日照時間が長い日本では、通常の生活をしている場合、ビタミンDが不足することは少ないと考えられています。

ビタミンには水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがありますが、ビタミンDは脂溶性ビタミンに分類されます。
水溶性ビタミン・・・ビタミンB・C
水に溶けやすく、熱で失われますが、過剰に摂取した分は尿で排出されるため、過剰になる心配はほとんどありません。
脂溶性ビタミン・・・ビタミンA・D・E・K
油に溶けやすく、水で洗っても流れず、水溶性ビタミンほど熱に弱くありません。そのため、とりすぎると体内に蓄積され、過剰摂取への注意が必要と言われています。
*脂溶性ビタミンは「ビタミンDAKE(だけ)」と覚えます!

ビタミンDをとりすぎると・・・
カルシウムの吸収を過剰に促し、高カルシウム血症の原因になる場合があります。血中のカルシウム濃度が一定の基準以上になった状態のことで、便秘や嘔吐、食欲不振、腎機能障害などの症状があります。

しかし、高齢者では、皮膚によるビタミンD産生の能力が低下すること、外出をする機会が減ることも多く、通常よりも多くのビタミンDを食事から摂取する必要があると言われています。


ビタミンDが不足すると・・・
カルシウム吸収率が低下するため、骨が軟化し、小児の場合は「くる病」、成人の場合は「骨軟化症」といった病気につながります。特に高齢者は加齢によって骨量が減少しているため、ビタミンDが長い間不足すると、骨粗しょう症になるリスクがあります。ちょっとした動作で骨折して寝たきりになってしまうこともあり、ビタミンDを摂取することが重要になります。

ビタミンDを多く含む食品は、
ビタミンD2・・・きのこ類
脂溶性ビタミンなので、炒め物や揚げ物にして油といっしょに摂取することで吸収率を上げることができます!
IMG_0132-1.JPG.png

ビタミンD3・・・魚介類、卵黄やバター
骨まで柔らかく煮た魚の缶詰や小魚のふりかけなど、骨ごと食べることができる魚は、ビタミンDだけでなくカルシウムもいっしょにとれるため、丈夫な骨を作って骨粗しょう症を予防するためにぴったりの食品です!
posted by 登別すずらん病院 栄養科 at 15:15その他